部屋 ソーシャルアパートメントを簡潔に説明すると、居住者の各部屋は完全個室でプライベート空間が確保されており、エントランスや集会室など、共用部あるいは各自の意思で自由に集い活用出来る施設も併殺されている集合賃貸住宅と表現出来ます。一部シェアハウスと混同される向きも見られる模様ですが、シェアハウスの場合はトイレやバス、台所などは共用部となり、1室内に2人各々のプライベートルームが確保された「半同居空間」であり、建物のシステム自体が違います。

更にソーシャルアパートメントの中には、コミュニケーションスペースとしての集会応接室以外にも、運動目的で利用可能なジム設備など、独自の施設を有する物件も見られ、人気を博しています。

確実に個人としてのプライベート空間を確保から、同一物件内で共に暮らす他の居住者とのコミュニケーションを、あくまで自身にとって心地良い距離感で重ねられる環境が整っているのは大きなメリットです。生まれ育った地元から見知らぬ土地で1人暮らしを始めるに際しての不安も軽減され、学校や職場以外での新たな仲間との出会いが叶う居住空間として、着実にその物件数を増やし続けており、その注目度と人気双方も右肩上がりの賃貸住宅です。